株式の公開とは

日本にはたくさんの株式会社がありますが、どこの会社でも株が売買できるわけではありません。全ての株式会社が株式を発行し資金を調達できているわけではないのです。証券取引所での審査に受かることのできた企業だけが株式を公開(上場という)し、不特定多数の人に株式を発行し出資してもらうことができます。

主な証券取引所としては東証1部または2部といった言葉を聞いたことがあるでしょう。東証1部の審査は非常に厳しく選りすぐられた企業だけが集まっています。証券取引の違反などには非常にチェックが厳しくすぐに上場を廃止されてしまいます。ですので1部に上場するというだけで、世間的に信頼を得る要素となります。

日本の証券取引所は東京を含め、大阪、名古屋、福岡、札幌の五箇所あります。そのため、東京以外の取引所の動きもある程度チェックしておく必要があるでしょう。また、地方の証券取引所にとっては東京の証券取引所の動きはチェックしておくべきです。ただし自分の持っている株には関係ない動きにまで目を光らせる必要はないでしょう。

関連リンク:
株初心者のネット株情報

株取引とは

株取引初心者が聞くと敷居が高く感じられるかも知れません。しかし、株取引は一度仕組みを知ってしまえばネット上での操作だけで、とても効率よく資産を増やすことができる物です。今では貯金をするにしても定期預金ですら微々たる利息しかつきません。確かに安全な方法のひとつではありますが、実際に資産を増やすと言うことを考えるのであればやはりもっと積極的な資産管理運用が必要でしょう。

株取引で借金が増え、自己破産をしてしまったという例は聞いた事があるかも知れませんね。しかしこれは株のことをろくに知らないままで投資してしまっている人たちです。株は一攫千金をねらうギャンブルではなく、計画的に資産を増やすための投資です。間違っても株取引に生活費を費やすようなことがないように余裕を持った資金で運用しましょう。

実際、初めて株取引をするのにいきなり成功できると思ったら大間違いです。株取引をすることで得られる利益というのは株を売ったときの差益を得るキャピタルゲインというものが主な方法です。つまり安いときに買って高くなったら売る、これの繰り返しです。それ以外にも配当金の分配での利益であるインカムゲインや、株主優待を目当てに株取引をしている人もいます。

関連リンク:
株初心者のための株情報
タグ:株取引

ネット株取引での注意点

ネットでの取引は通常の証券会社の窓口に行く取引とは違い、対人がないので全て自分自身の責任において行なわなければなりません。例えば良くあることが入力ミスです。銘柄コードの間違いや、注文する株の数の単位を間違えたりすると致命的なミスになりかねません。確認をちゃんと行なって正確な数値を入力しましょう。

次に予算をあらかじめ決めておくと言うことです。ネット株ではネット上で簡単にお金を動かせるため通常の感覚とは違ってきます。ゲーム感覚で売買を繰り返してしまわないようにちゃんと予算を決めてそれをしっかり守るようにしましょう。自分の資産運用の一環として、しっかりとした目的と計画をたてることが最低限の心構えです。

また、情報に左右されすぎない事も重要です。ネット上には株式投資や銘柄に関する不正確な情報や間違った情報もあり玉石混交です。正しい情報とそうでない情報を見極めることが大切です。最終的には自分で見極められる目を身に付けたいところですがなかなか難しいので、実績のある人が出している有料の株メルマガ株情報に最初のうちは頼っても良いでしょう。

関連リンク:
株初心者のための株情報

ネット株について

ネット株株券の売買などをネット上で行なう事で、インターネットを利用したオンライン投資法です。ここ数年で株に参入する利用者の数が増大したのはインターネットで株を利用するのが当り前になり、株を売買するのが簡単になった事も大きく関わっています。

また、リアルタイムで株価を知る事ができるので、好きな時に株の売買をすることができます。今までの証券会社の窓口で売買していた時には、手数料の問題や手間もあり頻繁に株を取引するという風潮ではありませんでした。それが今ではインターネットの普及と共に手数料も安くなり、ボタンひとつで取引ができるようになったのは、株式投資の発展にインターネットの存在が大きく影響を及ぼしているでしょう。

ネット株には株式売買は現金取引、借金して取引を行なう信用取引、ミニ株と呼ばれる少額の株数を売買する取引、そして外国為替や外国株式、先物取引など多くの投資法が利用できます。まずは自分のスタイルにあった投資法を見つけてみましょう。株を取引するにはあらかじめ証券会社に口座を作っておく必要があります。サービスの内容や売買のツールの提供、取り扱っている株式商品の種類等各証券会社で異なりますので、複数の口座を作っておくと便利です。

関連リンク:
初心者がネットで株をはじめる
外国株に投資して稼ごう
証券会社について

インドの株ファンドを選ぶポイント

インド株に限った事ではありませんが、株を買うときにはやはりある程度の基準や指標などを自分なりに持っておくと便利です。今回はインド株を買うという事を前提としたポイントを考えてみます。

まず基準価格(つまり時価)を調べましょう。設定日から見て、基準価格が右肩上がりで上昇しているかどうかが重要です。チャートグラフを見てみるのがわかりやすいでしょう。また実際に運用をする期間を前もって考えておくのも重要です。インドの成長力に期待して投資期間を長く見積もってみるのも良いでしょう。

さらに、純資産総額も重要で、この額が大きいほど分散投資もやりやすく、安定した運用が可能になります。総額が50億円以上で時間とともに増加していくファンドが理想的でしょう。そして肝心な手数料。いくらインド株を運用して利益が出たとしても、手数料が高かったらその分マイナスになってしまいます。自分の投資スタイルを踏まえて、どういったシステムが理想であるかを考えて証券会社を選びましょう。

関連リンク:
楽天証券で口座開設
外国株に投資して稼ごう

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。